人気ブログランキング |
ケータイケース

このブログを始めたきっかけのひとつは
写真だったと思う
自分が撮った写真を載せる場所をつくること

大学生だったわたしはフィルムを一眼レフカメラに
セットして、旅行に行くたびに写真を撮っていた
一緒に表現することを楽しむ仲間がいてくれたおかげで
社会人になってからも渋谷の真ん中でみんなと写真展もしたっけ
最初は恥ずかしくて現像から上がってきた写真を
人前に出すだけでドキドキしたけど、意外な写真を褒めてもらえたり
いいねと言ってもらえたりすることはうれしかったな

なんて気持ちをひさしぶりに思い出せたのは
壊れかけのケータイケースを新調しようと思って
ネットの中をうろうろしていたら、撮った写真をケースにできる
サイトを見つけたから

スリランカに行ったとき、車窓から見たキラキラ光る
インド洋をフィルムで撮った写真をケースにしてみたよ
これがアナログ感があってとても楽しかった  

f0060998_21443519.jpg
「プリスマ」というアプリを使って作りました
送料込みで2000円くらい 注文してから2日で届くの巻

自分をかたちで表現する楽しさを思い出せたこと
また再訪できますようにとちょっぴり願いも込められること
そんな気持ちを日々持ち歩けるのは良きものでありますっ

 

# by letter-from-youco | 2018-08-18 21:31 | dailies
今日のお菓子⑤:石川屋/絹鹿の子

8月はじめに富山を再訪した

じりじりした熱帯夜を忘れるほど涼しかった夜
お城の周りを散歩する夜道は
心をなくした日常を忘れさせてくれた
静かで、人気が少なくて、池でカエルが鳴いていた
平和な音色

ありがたいことに日々には緩急があって
ひと区切りついた後に訪れた富山には通常の3割増しで
リラックスさせてもらった ありがとう富山
隣県なのに新潟とも違う きみとは何だか縁があるね 
今だからこそ感じる魅力があるよ

そんな富山の銘菓でとても美味しかった
安政元年に創業した石川屋さんの「絹鹿の子」
求肥に白豆の餡が入った大福のような和菓子
包み紙の色づかいがとても美しくてうっとり
この色の重なりは立山連峰かしら 
f0060998_19183206.jpg
その土地を訪れたからこそ知る銘菓には
魅力がいっぱい




More
# by letter-from-youco | 2018-08-16 21:45 | food
家族と旅

山の日、家族と石川県の和倉温泉へ

実は20年くらい前に訪れていて今回は2度目
時が熟して、念願の加賀屋さんに宿泊しました

あの時は別の宿に滞在していて、せっかくだから
行ってみようよと夜、日本一の宿と称される加賀屋さんに行ったら
黄金色の光に包まれたとても華やかな世界にみんなで圧倒されて
それ以来「いつか泊まってみたいね」と話題になる
我が家の「夢の場所」なのでした

和倉温泉は、街の気配がとても穏やかで、波はやさしく凪いでいて、
人は温和で、カモメは気ままに弧を描いてゆるやかに飛びまわり、
ここに身を置くだけで一気にオフモードになれて、この街には
「こうありたい」と思えるお手本が満ち溢れていました

どんなセクションのスタッフの方たちも
お話しやすくて、親しみやすくて、あたらしい心地よさを
教えてもらえた気がします
なんていうのかな、みなさん等身大のリラックスで迎えてくれる感じ
ザ・繁忙期なのに、凪いだ波のように誰もがおだやか

楽しくて新鮮だったのは、ガイドさんに教えてもらいながら
館内に飾られた芸術品を鑑賞するアートツアー
夕方に2回開催されていて45分くらいの周遊時間で、
輪島塗や加賀友禅、刀剣や九谷焼など、さまざまな作品に
触れることができて、そのものの貴重さや作品が出来上がるまでの
過程なんかもわかって、とても良かったです
こんなおもてなしは初めてだなとも
f0060998_21470686.jpg


家族みんなと夢を叶えられたことが
この夏のとてもいい想い出になりました



More
# by letter-from-youco | 2018-08-15 05:13 | dailies
タイムカプセル:SPA CEYLON
暑い日々を過ごしていると、
時々スリランカで過ごした時間を思い出す

常夏の島でアーユルヴェーダのトリートメント受けた後に飲む
あったかいハーブティー、鳥のさえずりと木陰、裸足、ジャスミンの花

旅で出会ったみんなにまた会いたいなぁ
っていう気持ちが、東京での忙しい日常を
よしよしとなだてくれる ありがとう思い出
目を閉じて、また訪れたい街の風景をいっぱい描く

そんなとき、クローゼットにしまい込んでいた
コスメのことを思い出した SPA CEYLONでもらったギフトコスメ
日本の友人たちにお土産を買ったら、「これあげるよ」ともらったもので
手仕事で編んだポーチに小さなキットがたくさん入っている限定?品

実はポーチにうっとりして、中身をまだ確認していなかった 
白い紙に包まれた中身が何かも知らずに早7ヶ月
ビリビリとその包みを破いてみたら、いろいろ入っていた

レッドサンダルウッドのボディスクラブ
ジャスミンのボディローション
リラクシングボディクレンザー
マンダリンスパイス オーデコロン
ハンドクリーム etc...

うれしくなって、ちょっとうるっとした
異国の心地いい香りたちが、「また来てね」と
言ってるような気もした というか、また来るんだよね、いつ?
と聞かれているような気もした

f0060998_15092807.jpg
今年もスリランカに行きたい

まずは8月のスリランカフェスティバルに
行ってみようかな



# by letter-from-youco | 2018-07-24 15:13 | beauty
「がまん」の鍵を開けてみる

自分を解放せよ、甘やかせよ、(できる限りの)最大限で

これは最近自分に掲げているモットー 
気がつくとキューッと小さくなってて忘れてしまうのだけど

日本の女性は顔の表情筋(顎のライン)が凝っている
という話を聞きました ぐっと我慢するから、なんだそうです
言いたいことをぐっと飲み込んでしまう日々の重なりが
顔の筋肉のコリに繋がって硬くなるんだそうです(なんと健気な
イギリスのコスメブランドを創設した女性が話していた
というこの「気づき」がとても興味深かったのです
世界を見渡すと、国によって女性たちのコリのパーツも
違うのかしら、と気ままな想像が海を越えて行きました 笑

暑い夏が苦手だったはずなのに
ジリジリする街の中を歩いていても平気になっていることに
最近気がつきました なんでかなと思いながら歩き続けていたら
かつて聡明な方に頂いたことばを思い出しました

「どれだけわがままに生きられるかでこれからの健康状態が変わりますよ」

とうの本人はそれがどういうことかわかりませんでした
いま思えばだいぶ重症な気がします 笑
あれってこういうことかも、と最近わかるようになったというか
あの頃は自分の気持ちをずいぶん奥の方にしまいこんでいたな、と
がまん、してないよね?と自分に言い聞かせて、よし。と確認するような
欲しいもの、食べたいものは「同じものを」と言ってしまうような
「がまん」という感覚を取りはらって物事と向き合っていくと
(食べたいものを食べたい時に食べるとか、買ってみるとか)
いいような、ということが積み重ねの先でわかってきました
「がまん」しなくても世界は回るというフラットな感覚


f0060998_21052989.jpg
先日ホテルに泊まってみました
お勉強中のもりもりの課題と向き合うためのひとり合宿 笑
環境をリセットしたらとてもはかどり、結果的に良きものでした
普段見ている街と違う風景に見えて、それもまたいいものでした



# by letter-from-youco | 2018-07-15 21:08 | dailies



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31