つれづれいつも通り

ゴールデンウィークは
アナログな生活を送っていました

デジタルデトックスが心地よくて
走って汗をかいたり、山あいの温泉に行ったり
9連休をの〜んびり満喫したおかげで
仕事がはじまってもいい気分をキープできている
ありがたい今日この頃です

先月は人間ドックにも行きました
年に1度、指折り数えるほど行き慣れた場所へ
あれが終わったら次はこの検査だから待ってる間に
この小説持ってって読もう
みたいな段取りができるようになりました 
今回は平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」
を持って行ったのですが、朝から受付前に着いた待合室で
昼食を終えて医師との面談までの1時間以上
気づけば平野さんの世界に大没頭して脇目も振らずに
200ページ以上読み進めていました

もう、平野さんの世界にほれぼれ ハァ、ため息。

すぐに読んでしまうのがもったいなくて
あえて時間をあけながら連休前半に読み終えたのですが
本を閉じて思わず拍手してしまいました 
読み終えると、からだのまわりに品のような、艶のような
うつくしいベールがかかったような満足感に浸りました
小説の世界に入りすぎて、虚脱感も これは現実なのか否か
 
きれいな日本語にふれるとしあわせになりますね


f0060998_21210883.jpg
写真はゴールデンウィークにおとずれた帝国ホテルのロビー

かつての帝国ホテルはフランクロイドライトの設計だと知り
きっとこのロビーに名残がある、と感じました


[PR]
# by letter-from-youco | 2018-05-13 23:41 | dailies
オージャス

アーユルヴェーダのこと知りたいな
と思ったのは5、6年前のこと 
じぶんの考え方や体質を運動以外のアプローチで
整えることはできないだろうかと思ったのがきっかけで
気がついたら4、5冊本を買って読みふけ没頭し、、、笑

人の体質は風・火・水の3つに分かれ、その体質によって
採るといい食べ物、好ましくない食べ物というのがある
ということも面白かったけど、なかでもすべての体質に
共通していいこととして、
「オージャス(できたて・採れたて)な物を食べる」
という考えに、妙に納得したのでした 

炊きたてのごはん 
ホカホカの湯気×つやつやのお米を口に入れた瞬間を
思うだけでしあわせですよね、それです 笑
お母さんが家族のために作る毎日の食事
温かいお味噌汁とか、相手を想って作られたものは
行ってきますと会社や学校に向かうお父さんやこどもたちの
エネルギーになります それです 笑
作りたてを熱いうちに食べるとか、握りたてのお寿司とか
もぎたてのとうもろこし、採れたてのトマト
いちご、ぶどう狩りなどなど、畑で収穫してすぐに食べる
ということなどは、体にとってとてもいいというお話

最近そのことをよく思い出していて、
疲れているなぁと感じる日のお昼ごはんや朝いちばんに
搾りたてのジュースを買ってごくごく飲んでいました
ジュースを飲んだとき、なんとなくこころが満ちた気がして、
あ、これってオージャスだ!と思ったのです
流行りのコールドプレスジュースもこの考えにかなっているような、
と思います
f0060998_09230749.jpg

先日はじめましてと自己紹介する際、思わず
「好きな食べ物はオージャスな食べ物です」
と言ってしまいそうになりました (通じないです)

「好きな食べ物はー、ゆでたての小松菜がー、好きです」と
話したところ、おじさまたちから拍手を受けました  笑 why ?

ゆでたての小松菜、大好きです 


[PR]
# by letter-from-youco | 2018-04-22 08:24 | dailies
curry curry curry

週に1度、お昼にカレーを食べていました

インド人がきりもりしているか
南インドのカレーばかりを3週にわたり 笑

最初から決めて行っている訳ではなく
外出先の近くにあったのがインドカレー屋さん
だったからなのですが、わたしはインド人に会うと
ちょっと安心感をおぼえるようになっていました
会話がしたくてメニューのことで話しかけてみたり 笑
スリランカでのことを思い出すからなのかな

香辛料の香りや、色、銀食器にスープカレーが
入っているこの雰囲気が、元気を与えてくれました
どこも美味しかったけれど、八重洲のダバ インディアは
異国に来たような心地も味わえてお気に入りです
f0060998_18290672.jpg
写真は、ダバインディアのランチ
3種類の本日のカレー+スープカレーで4種類の味が楽しめます
ラムが苦手なわたしはそのうちの1種類を
野菜のスパイス炒めに変えてもらいました
または同じカレーを2種類にすることもできるそうです

この後、別の場所でパキスタン人のおじさまと会話する
というとても面白い経験をしました
そもそものきっかけは彼の指できらめいていた
大きなピンク色のサファイア(!)なのですが
 
なんだかインドあたりに縁のある1日でした



[PR]
# by letter-from-youco | 2018-04-21 18:18 | food
believe in my self

カンはいいほうだと思う
感ともいうかもしれない

もともと分かっているんだと思う
忙しかったり、目の前のことに翻弄されると
そのカンはあっという間にしゅーっとしぼんでしまう
しぼむ前にどれだけそのままキープできるかが大切で
その時の自分の感覚を信じてすすんでいければ
どこまでいっても大丈夫

ワクワクする気持ちだったり、楽しい願望だったり
わたしは国境を越えてコミュニケーションがしたい
日本の枠におさまりたくない フレームは自分で決めたい
今日はそんな気持ちをひさしぶりに思い出すことができた

一歩ふみだす前はいつも臆病が目の前に立ちはだかる
いろんな言い訳や理由もぽんぽん出てくる
でもそんな時は一番最初にそれをすると決めた時の
「ワクワク」した気持ちを信じる
だって最初にもう分かっていたんだもの
それをすることは楽しいってことをはじめる前から本能的に

やっぱりそうかと分かった今日、外にでて良かった
隣り合った方がつい先日ハワイから帰国したと話してくれた
そういうほやほやした話を聞けるのがいい旅のシグナル
雨が降る予報だったけど、傘をさすことなく帰宅できた
ずっと信号が青だったことも、そのまますすんで
と言われてるような気がした

息切れしていた気分がすっきり整いはじめた 
好きな人、愛でいっぱいの人たちに会い続けていきたい
わたしはその人たちの愛をさらにまわりの人へ循環させたい

とりとめもないけど、備忘録と誓い

f0060998_21571108.jpg
この春から玄関に花を飾ることを始めた
暖かいとあっという間につぼみは開いてしまうけど
帰ってきて大きく咲いているとなんだかほっとする



[PR]
# by letter-from-youco | 2018-04-14 21:23 | dailies
化粧をすること

早朝から制服姿でテキパキはたらく女性と会う
たまにお会いする彼女たちは人生の先輩
きっと夜明け前に家を出てお仕事をしている

いつも明るいAさんと向き合ったら
目元にブルーのアイシャドウが見えた
最近見かけなかったから元気かなと思っていたけれど
そのアイシャドウを見たら少しうれしくなった

ひたむきにお仕事をするBさんとは
あまり面と向かっておしゃべりをしたことがない
髪型が変わったように見えたから「髪型、変わりましたね」
と話しかけたら、はにかみながら「切りすぎました」と笑ってくれた
その口元はほんのり赤い、紅色だった

その日のわたしは、満員電車に揺られてつらかった
このつらさを遠ざけて自分の世界に没頭したい
そう思ってカバンの中から取り出したのは
草場妙子さんの「TODAY'S MAKE-UP」だった
家を出る前、とっさにこの本を選んだ自分を褒めたくなった
さまざまなコスメと使い方にふれることができるこの本を開く度に
たくさんの「色」を感じることができて、心が救われた
ヘアメイクアップアーティストとして活躍する
彼女の審美眼にのめり込んでいたら
いつの間にかストレスから解放されていた

わたしはAさんとBさんのプライベートを知らない
ふたりに限らず、みんな何かを乗り越え感じながら今を生きている
顔にほんの少し色をのせることで今日の自分がスタートする
色やコスメはどんな時も女性の気持ちに寄り添って
大切な役目を担っているんだと気がついた


f0060998_20230628.jpg
さささっぱぱっっと済ませてしまうルーティンを
もう少しゆっくりたしなみたい 

すべては今日の自分のために


[PR]
# by letter-from-youco | 2018-04-11 20:23 | beauty



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30