人気ブログランキング |
カテゴリ:Sri Lanka( 14 )
srilanka ↔︎ japan

テロが起きた日、現地の友人たちにメッセージを送った
すぐに「私たちは大丈夫です」と返事が来た
と同時に、バンダラナイケ空港の外で
出国手続きを待ちわびる大勢の人が長蛇の列をなす
写真もあった 現地のリアルだった

次の日から「スリランカ、大変なことになりましたね」
と幾人もの人に話しかけられるようになった
メールをくれた地元の友人もいた 周りの人にとって
「わたし=スリランカ」になっていることを知った
親善大使になってるみたいでちょっとうれしかった
「大丈夫ですよ」と即答した(ほんとかどうかなんて脇に置いといた)
現地の友人が大丈夫と言っていたから大丈夫

元号が令和に変わった5月1日、
スリランカの友人たちが「hi!」とメッセージをくれた 
今日のとてもハッピーな出来事を写真付きで教えてくれた
日本にいるわたしは、今日は天皇が即位して新しい日本が始まった
特別な日なんだよと返信した  
不思議なくらい、繋がってるなーと思うことがよくある
思い出すと夜中に連絡が来てた、みたいなこともある
それが1人だけじゃない、ってところもある 
ここ2年、気づけばカタコトの英語でスリランカ人と
会話することが日常になった

あたらしい時代、ニューミーで参りたく、
どうぞよろしくお願いします

f0060998_12585083.jpg


by letter-from-youco | 2019-05-01 23:08 | Sri Lanka
ガーネット、指輪になる
昨年の暮れに訪れたスリランカでは宝石はひとつも買わずに
ひたすらリゾートの中で鳥のさえずりや自然に身を委ね
いろんな国の人々と仲良くなる時を過ごしました

2ヶ月経っても灯火のように旅の余韻は心身に宿り
時折目を閉じては過ごした時の気配を思い出し、
まるで瞑想のようなうつつを過ごしています

スーーー、ハーーーー

ひとつ2017年の旅と違うことは
その年に出会ったマイファーストジェム(ここがみそ
ガーネットを指輪にして連れて行ったこと
お守りのようにいつも手元で旅の行方を
見守ってくれていたに違いなく、再びのスリランカで
現地のエネルギーをいっぱい吸い込ませて帰ってきました

昨年の春、この石で指輪を作ってもらえないかなと
MAISON RUBUS.のきゅうちゃんのアトリエへ
およそ3ヶ月後、アンティークのように馴染む
それはそれはうつくしいフォルムに仕上げてくれました 
スリランカでお会いする方々に、その指輪ステキですねと
声をかけていただき、とてもうれしく思いました
身につけているとじんわりと日々守られている気がするから
不思議です

そして最近、ふいに気がつきました
これまで出会ってきた友人知人には「石」の文字がつく方が
多いということに

(宝)石との縁はどうやら深そうです 


f0060998_12481901.jpg


by letter-from-youco | 2019-02-03 13:31 | Sri Lanka
アーユルヴェーダとのこと

明けましておめでとうございます

年末、2度目のスリランカへ行きました
目的はアーユルヴェーダ また行きたくなる衝動
これは自分のライフワークだと思えてきました

今回滞在したリゾートでは本格的に療法を受けました
ハーブ薬の服用、3日間のシロダーラ(その間は洗髪不可)
瞑想、ヨガ、食事、ノンカフェイン 白湯か水をがぶがぶ飲むなど
そこにはアーユルヴェーダな時間を過ごすことが当たり前のようにありました
多国籍の人たちとトリートメント前の待合室で一緒になったり、
how are you? と声を掛け合える関係が普通にあって、
気がつけば日に日に心とからだは軽くなり、目は奥までキラキラし、
思考は開けるばかり、肌はツルツルになり、深く自由を感じ、
心とからだは繋がっているということをあたらしい価値観で
悟るような日々でした

帰国してから、いろいろなことに気がつくようになりました
例えば、今までどれだけいろいろなことを余計に考えて
頭を使いすぎていたか 考えようとすると思考がストップし、
停止することを自然と身につけていました
心配するより「この先こうあって欲しい、大丈夫」という確信が
持てるようになり、本当に現実が整うようなことが何度もありました
深く、自分を信じる、自信ていうのはこういうことかなとも
もともと人と話をするのは好きな方ですが、心がフラットになったことで
ますますコミュニケーションが楽しめるようになりました 
今は「はじめまして」と言葉を交わした後の会話も、気づけば自分の点と
相手の点が線になって繋がることが頻発して面白く、楽しくて仕方ありません

わたしにとってアーユルヴェーダは、
自分の中身をフルで入れ替えて本当の「ニューミー」になることです

そして、スリランカが好き
もっと国籍や性別、年齢を超えて、たくさんの人とお話ししたい
そう思えるかけがえのない旅になりました

今年は自分の可能性を想像以上に信じて
大きな翼を広げながら空を自由に飛んでみたいと思います

f0060998_20120652.jpg


by letter-from-youco | 2019-01-06 20:13 | Sri Lanka
Sri Lanka滞在記:gem shopで宝石商になる


まったりアーユルヴェーダ、しかなかった予定に
宝石を見に行く(なんなら宝石商になったつもりで 笑)
という目的が登場したのは、スリランカに石を買い付けに行った
ステキな宝石商のデザイナーさんにある日ばったりお会いしたから

”向こうで石、買ってきたら見せてくださいねー”

え、宝石ってそんなに簡単に買えるの? 
そんな好奇心から始まったふしぎな気持ちが
gemshopへ行く(なんなら宝石商になったつもりで)
につながっていきました 
初めて知ったのですが、スリランカは国の産業になるほど
いろんな種類の石が採れる宝石の産地なのでした

旅の最終日、現地コーディネーターの二シャーンと
ニゴンボで2つのお店を開拓しました
(ちなみに彼が言うには、大都市であるコロンボの方が
ニゴンボより安く手に入り、お店の面積もかなり広いんだそう
私は時間の都合で行けなかったのですが、宝石を買いたい方は
コロンボに行かれるといいと思います)

ひとつは水着も売ってるリゾートのおみやげ屋さん
もうひとつはそのすぐ近くのザ・宝石店 
どちらもいい経験になったのですが、日本では見たことのない
石の見せ方、並べ方、買い方に出会うことになりました

f0060998_10190284.jpg
これはトルマリンのショーケース
まるでアート作品のようでした
 
実物はほんとうにまばゆく、美しかったです





More
by letter-from-youco | 2018-03-24 10:13 | Sri Lanka
スリランカの「今」のこと

”知ってるかもしれないけれど、政府が今SNSの使用を
ブロックしていてフェイスブックにアクセスできないの”

”えー! なんで? いつになったら解かれるのー?”

思わず返してしまったけれど、返事は来ないまま

毎日のようにやり取りをしていたスリランカのみんなと
昨日からぱったり連絡が取れなくなった
めずらしく誰からも連絡がないのはそんな理由だった

12月、旅に出る前に「INTERNATIONAL SOS」へ登録した
旅先を登録すると現地のアラート情報が送られてくる
どこどこのエリアでこんな理由で○○が起きているので
渡航する場合は気をつけて というような現地の情報を
受け取れるもので、事前に身を守ることができる
ここ最近頻繁に「キャンディで宗教間の騒乱が起きている」
という内容のメールが届いていて、紅茶の産地が大変なんだなと
思っていたけれど、どうやらだいぶ大きな管理に拡大されて
しまっているらしい SNS上で騒乱に関係する投稿を検閲する
ための一斉停止とも(※ネットで見つけた英字の情報を正しく
読めてる自信はない 笑) 

わたしにとって大切なコミュニケーションツールがなくなって
もうれつにさみしくて心配になる そんな自分がいることを知った
依然として愛が止まらないのだ 
出会ったみんなとスリランカへの愛が 笑

異国で起きている「今」は
自分で取りに行かないと入って来ないということがよくわかった
連絡が途絶える直前に一言教えてくれたMs.P、ありがとう
そんな状況をわたしに教えてくれる間柄になれてうれしいと思う

追伸:わたしのつたない読解力では
16日にこの一斉禁止は解除される、と読めたのだけどどうなんだろう
この先スリランカでずっとSNSが使えなくなったら、泣いちゃう〜
f0060998_21070747.jpg
旅の回想録だけど、このフルーツジュース屋さんで
100円くらいで飲んだ搾りたてのパイナップルジュースが
ほんとに美味しかった


by letter-from-youco | 2018-03-13 21:23 | Sri Lanka
what I can do

ここ最近、わたしにできることって何だろう
とよく考えている 

スリランカでできた友人に
わたしいつも考えているんだよ、わたしにできることって
何だろうって とメッセージを送ったら
考えているならもう始まってるね みたいな言葉が返ってきて
わたしいま英語で深い会話してる と勝手に感動した 

1年前の自分はこんな展開1ミリも想像していなかった
スリランカで友だちができるなんて頭の片隅にもなかった
生きてくことの面白さってこういうところにあるなと思う

先日、”youcoさん(ほんとは苗字)は元気にしてるかなって
まわりのみんなと今も話していますよ。”とかないさんが連絡をくれた
みんなが元気でありますようにと 毎日祈るように思っていたから
わたしの思いはちゃんとスリランカに届いているんだとわかって
ああ 思いって届くんだ とよくわかった

週末、衝動がむくむくと押し寄せてきて
無心になってクローゼットの中を整理した
CD、本、洋服、布もの、いっぱい手放した
初回限定盤とか、陶酔しきったかの名盤たちを
すんなりダンボールに詰め込んでいる自分は
もうあの頃の自分ではなかった そこに未練はなかった

部屋に隙間を作ったら、新しい風が入るらしい 
これからの自分に必要なものをどんどん入れていきたい

f0060998_19582285.jpg


by letter-from-youco | 2018-01-29 19:38 | Sri Lanka
Sri Lanka滞在記:スーパーで買ったもの

旅から帰国してひと月が経っても
まだ滞在記が書けるスリランカへの愛 笑

ショッピングクルーズで最後に立ち寄ったのは街の大きなスーパー
国内でも旅に出るとローカルなスーパーに寄るのが
定番なわたしにとって、ここはなんていうか聖地でした 

正直、こわいなという気持ちもあって
スリランカ人たちの夕飯の食材買い出し真っ最中な時間帯に
堂々とズンズン歩くことはわたしにはできなかった

そんな心細さをよく理解しているコーディネーターの二シャーンは
いつもそばにいて、周りのお客さんに配慮しながら
「これ美味しいですよ」とか「これアーユルヴェーダのです」とか
いろんな商品のことを教えてくれて 

彼が案内してくれたおかげで、間違いない買い物ができました

f0060998_17051835.jpg
戦利品をホテルのベットカバーの上でパシャリ
(本当はもうちょっと買っている)



More
by letter-from-youco | 2018-01-21 17:18 | Sri Lanka
SriLanka滞在記:SPA CEYLON

ショッピングクルーズでは
有名なコスメショップにも行きました

スリランカ王室伝承ならではの厳選された植物がもたらす恵みと
ハーブとセイロンティーの香りを融合した「スパセイロン」は
世界12カ国で展開され、日本国内では銀座店をはじめ
関東・福岡で買い求めることができるようです

アルコールフリー、パラベンフリー、100%植物オイルを配合するなど
製品への配慮や、売り上げの10%が絶滅危機にあるセイロンエレファントの
保護活動団体に寄付されるなど、CSR活動も行われています

何かを救ったり、支援したりすることに繋がるというのは
たとえたくさん衝動買いしたとしても(!、心を配れているようで
いいことをしている気分になります 笑 購入したレシートには
寄付額もきちんと明記されていました

お店の紙袋にはカラフルな象がたくさん描かれていて
象への愛がいっぱいです

 
f0060998_19261777.jpg
戦利品をホテルのベットカバーの上でパシャリ
(本当はもっと買っている)




More
by letter-from-youco | 2018-01-14 19:29 | Sri Lanka
Sri Lanka滞在記:サンセットを望む

「海と山、どちらが好きですか」と聞かれたら
新緑も好きですが、わたしは海が好きです
夕日が沈むところなんかはもう、特に

ショッピングクルーズの時間帯はまさに夕日が沈むタイミング

はじめて眺めたインド洋とまぶしい夕日は
わたしが幼い頃から知ってる日本海のそれとは全然違うものでした
インド洋ははるかに遠くて、広くて、夕日はこがねいろだった

老舗のリゾートホテル”ジェットウィング”の中を通り抜けて 
ぐんぐんトンネルをくぐるように近づいて出会ったその海辺は
眩しいし美しいし、あの時の自分は光に透けるくらい透明だったと思う 
あれ、スリランカってこんなに綺麗なところだったの?っていう
日本で買ったガイドブックには載ってない色ばかり広がって
日々は想像をはるかに越えることばかりで

わたしが持って行った「楽しい」のメーターは
すでにふりきれてた


f0060998_21334557.jpg




More
by letter-from-youco | 2018-01-09 21:37 | Sri Lanka
Sri Lanka滞在記:本場の紅茶を楽しむ

ホテルから30分ほど車に揺られて
海辺を抜けながらショッピングクルーズへ

ニゴンボの海辺には高級なリゾートホテルがたち並び
反対側にはおみやげ屋さんやカフェなど、旅人たちを
楽しませてくれるおしゃれなお店が軒を連ねています

最初に連れてきてもらったのは紅茶のお店

1軒目はDilmah(ディルマ)のカフェ
2軒目はハイグラウンティ(高地産の紅茶)が購入できる茶葉専門店

ディルマの店内では西洋人のカップルたちがお茶を飲みながら
バカンスを楽しんでいて、そこだけを切り抜くとまるでヨーロッパ
気になる茶葉を示すと、小さな紙コップで試飲させてもらえます
ミルクティーになってでてきて、甘酸っぱい風味づけが印象的

接してくれたスタッフの男性がひょうきんで面白くて
帰り際、「さぁ俺のシスター、記念に写真でも撮ろう」
みたいなノリで一緒に写真を撮る、という流れは想定外だった 笑
 
ええと、間違いなく彼の方がわたしのブラザー(弟)です
f0060998_19392643.jpg
露光が足りなくて顔がまっくろになってしまってごめんよ


カラフルなパッケージの紅茶缶が壁一面にずらっと並ぶディスプレイに
心がるんるん踊りました




More
by letter-from-youco | 2018-01-07 20:20 | Sri Lanka



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31