人気ブログランキング |
カテゴリ:beauty( 18 )
SHIGETAのパッケージ

オーガニックコスメを眺めている時間はあっという間で
瞑想のようにそのことだけに集中しているせいか
しあわせな気持ちとワクワクした気持ちが両方やってくる

購入した後は
テクスチャーを感じたり、香りをかいだりするほかに
パッケージをまじまじ眺めることが好きで、解体して裏面とか
支えの構造も眺めてうなる
わたしは好きになるとオタクになる 笑

SHIGETAは日本人がつくるパリ発のコスメで
日本のコスメのパッケージとは雰囲気が少し違ってみえる
箱は紙器で、余計なプラスチックを使っていない
環境資源に配慮しながらシンプルで上品
外から見えない内側の全面に花の写真があしらわれている
モノクロの花が際立って見える
パリの女性たちがランジェリーに気を配る文化が
ここに息づいてる気がする

色づかいと佇まいが、いいなぁって思う

f0060998_10093260.jpg
写真はダブル洗顔不要のクレンジングミルクと、
ブレンドエッセンシャルオイルの「モーニングスパーク」

by letter-from-youco | 2019-05-25 09:57 | beauty
INCOCO:貼る、マニキュア

プレゼントを選びに行った先の
外資系コスメの美容部員さんの指先がキラキラしていた

ネイル、可愛いですね。と声をかけたら
これ、シールなんです。と教えてくれた

セルフネイルはひと手間かかる、という考えがふっ飛ぶコンセプト
便利で可愛くて瞬間的な楽しさをたくさん味わえる
INCOCOのネイルは指先の形をしたシール

それは子育てをしながら美容部員として働く彼女のつよい味方らしい
彼女にとって一番のオススメはゴールドのラメネイル
ラメがカモフラージュになって、少し欠けても
気にならないし、見た目にも目立たない すばらしいですねという話

ためしてみたくなって渋谷の東急東横店で購入
種類にもよるけれど1シート1000円くらい
開封したら粘着力が落ちるので「即使用」はマストだけど
自分の爪に合わせて貼り、残りのシールはピリピリと切っておしまい
持ちは2週間くらい(わたし調べより)

考案したのは男性というから驚いた
タクシーに乗っている女性が赤信号のたびにネイルを塗って
息を吹きかけている姿を見たのがきっかけらしい

INCOCO、すんばらしいです

f0060998_12313943.jpg

by letter-from-youco | 2019-05-02 12:31 | beauty
handsoapを楽しむのススメ

香水ほどまわりに香るでもなく、
ハンドクリームほど余韻が残るでもなく、
上質なハンドソープは手を洗っている時から
テクスチャーと香りが両方楽しめて保湿力もあって
接する人へ配慮する必要がない

1日に手を洗う機会はたくさんあると思うけど
自宅で、というよりはむしろ仕事先に持参しており、
化粧室で手を洗うとき、例えばさっきまで過ごした
ピリッとした時間や、会議で使ったぎゅうぎゅうの思考を
洗い流したり、気分をほぐしたりできるのが良くて
愛用しております これが密かなたのしみだったり

これまで使ってよかったのはイソップとスリーとシゲタ
3つの共通項は、柑橘のやさしい香りがすること
コスパは、イソップ〉スリー〉シゲタ かな

パッケージをまじまじ見てしまうわたしにとって
中でもスリーのパッケージは手触りと握りやすさ、押し出しやすさ
そしてフォルムの美しさが秀逸で、特にポンプの首の細さがツボ 笑

f0060998_15441338.jpg

スリーのハンドソープは友人のプレゼントにも大活躍
手を洗うっていう当たり前のルーティンが
ちょっと上質になるって、一瞬その時が華やぐので
オススメです。

写真のシゲタはハンドソープじゃなくて
ハンドクリームなのであしからず 今、手もとになくて
雰囲気だけ並べてみました


by letter-from-youco | 2019-03-02 17:24 | beauty
タイムカプセル:SPA CEYLON
暑い日々を過ごしていると、
時々スリランカで過ごした時間を思い出す

常夏の島でアーユルヴェーダのトリートメント受けた後に飲む
あったかいハーブティー、鳥のさえずりと木陰、裸足、ジャスミンの花

旅で出会ったみんなにまた会いたいなぁ
っていう気持ちが、東京での忙しい日常を
よしよしとなだてくれる ありがとう思い出
目を閉じて、また訪れたい街の風景をいっぱい描く

そんなとき、クローゼットにしまい込んでいた
コスメのことを思い出した SPA CEYLONでもらったギフトコスメ
日本の友人たちにお土産を買ったら、「これあげるよ」ともらったもので
手仕事で編んだポーチに小さなキットがたくさん入っている限定?品

実はポーチにうっとりして、中身をまだ確認していなかった 
白い紙に包まれた中身が何かも知らずに早7ヶ月
ビリビリとその包みを破いてみたら、いろいろ入っていた

レッドサンダルウッドのボディスクラブ
ジャスミンのボディローション
リラクシングボディクレンザー
マンダリンスパイス オーデコロン
ハンドクリーム etc...

うれしくなって、ちょっとうるっとした
異国の心地いい香りたちが、「また来てね」と
言ってるような気もした というか、また来るんだよね、いつ?
と聞かれているような気もした

f0060998_15092807.jpg
今年もスリランカに行きたい

まずは8月のスリランカフェスティバルに
行ってみようかな



by letter-from-youco | 2018-07-24 15:13 | beauty
de Mamiel : Altitude Oli
まばたきをしている間に
わーっと月日が経ってしまった6月

ビュンビュン過ぎる日々にも
地に足をしっかりつけて歩いていられるからだに
まずはありがとう 

慌ただしくて呼吸が浅いとき
集中力がエンプティーになりかけたとき
雑踏や満員電車でざわざわした気持ちを鎮めたいときetc...
デ・マミエールの「アルティチュードオイル」は
わたしにとって頼もしいサポーター

昨年の暮れに会ったエディターの友人Aさん
常に持ち歩いていると教えてくれたあのアイテム
ついに、わたしもこのオイルのすばらしさを知るの巻
知ってしまうともう、手放せない感がじわじわ 笑

集中して何かに取り組みたいときこめかみに(なんならつむじにも
湯上りに手首に垂らしてこすり合わせると体温を伴っていい香りが漂う幸福感
湯船にバスソルトと合わせて1滴
キャップを開けて鼻を近づけ香りを吸い込み大きく深呼吸などなど
どれをとってもリセット感がすごいー
f0060998_19202088.jpg
 
初めて使った日の夜
悲しくないのに涙が出てきて、わーと泣いてる自分に出会う
奥の方にため込んでいた何かに届いたのかな
それ以来、深いところに届く何かがある気がして、ならない  



by letter-from-youco | 2018-06-23 18:58 | beauty
化粧をすること

早朝から制服姿でテキパキはたらく女性と会う
たまにお会いする彼女たちは人生の先輩
きっと夜明け前に家を出てお仕事をしている

いつも明るいAさんと向き合ったら
目元にブルーのアイシャドウが見えた
最近見かけなかったから元気かなと思っていたけれど
そのアイシャドウを見たら少しうれしくなった

ひたむきにお仕事をするBさんとは
あまり面と向かっておしゃべりをしたことがない
髪型が変わったように見えたから「髪型、変わりましたね」
と話しかけたら、はにかみながら「切りすぎました」と笑ってくれた
その口元はほんのり赤い、紅色だった

その日のわたしは、満員電車に揺られてつらかった
このつらさを遠ざけて自分の世界に没頭したい
そう思ってカバンの中から取り出したのは
草場妙子さんの「TODAY'S MAKE-UP」だった
家を出る前、とっさにこの本を選んだ自分を褒めたくなった
さまざまなコスメと使い方にふれることができるこの本を開く度に
たくさんの「色」を感じることができて、心が救われた
ヘアメイクアップアーティストとして活躍する
彼女の審美眼にのめり込んでいたら
いつの間にかストレスから解放されていた

わたしはAさんとBさんのプライベートを知らない
ふたりに限らず、みんな何かを乗り越え感じながら今を生きている
顔にほんの少し色をのせることで今日の自分がスタートする
色やコスメはどんな時も女性の気持ちに寄り添って
大切な役目を担っているんだと気がついた


f0060998_20230628.jpg
さささっぱぱっっと済ませてしまうルーティンを
もう少しゆっくりたしなみたい 

すべては今日の自分のために


by letter-from-youco | 2018-04-11 20:23 | beauty
シチリアの海の底から:ARGITAL

最近のわたしは「塩と泥」を欲しているらしく
バスソルトに始まり、泥にもほれています 

今、アルジタルのアイテムを3つ愛用しています
使用感にはまり、1月に1つ増えていきました 笑

イタリアのシチリア島で発祥した「ARGITAL(アルジタル)」は
島の最南端シクリの丘で採掘される海の泥「グリーンクレイ」
を配合したオーガニックコスメブランドです
シクリの丘は約1600万年前、海の底だったそうです
月のリズム(波)を受けて積み重ねられた海泥と
標高1200mの森林地から湧き出る天然のミネラル水
そして防腐剤は一切使われていないナチュラル成分
夏の間のみ採掘されるクレイは、シチリアの太陽に
じっくりとさらして乾燥し、手作業でひとつひとつ丁寧に
袋詰めされて全世界へ届けられているんだそう

出会ったきっかけは「泥」ではなく、”5DAYオイル”でした
生理がはじまる2、3日前から下腹部に塗り、時計回りにマッサージをすると
香りがとても良くて、どんよりした気分が安らぎにかわったり
ふわーっとした心地に包まれるので、愛用していたのです

次に出会ったのが
”ピュアリファイングシャンプー”と”ヴェジタルソープ”
このふたつに共通するのは、とにかくスッキリすること
「泥」の力にちょっとびっくりしました
シャンプーは、パソコンや携帯などの使用で凝り固まった
頭皮に作用して、考えすぎた頭の中までスッキリする感覚
ソープは、大人ニキビとたたかっていた私の救世主
余分な皮脂や古い角質よ、さようなら 
洗い上がりはスッキリなのに、保湿効果の高いハチミツが
乾燥も防いでくれる、というところに感動しました

f0060998_16325521.jpg
幼い頃、泥に足を入れて、まだ青い苗を
田んぼに手植えした体験を思い出しました
それは季節を全身で感じながら美味しいお米を育てる
大切な春のはじまりの行事でした

今思えば、泥と自然にふれる最高の機会だったのですね 
あの頃は、つめたい、ぬるぬるする、転びそう、腰いたい
としか思っていませんでした (だって小学生だもの 笑

ひとは自然にふれると元気が湧いてくることを
大人になった今、日々の生活の中でアルジタルに
教えてもらっています



by letter-from-youco | 2018-04-05 21:03 | beauty
LUNA BATH SALT:SHIGETA

満月 下弦の月 新月

月の満ち欠けに合わせて作られたバスソルト

意識しなければ今日の月?となるものですが、
意識しながら今日は新月!と思いながら入浴を
楽しむのはなんだかおもしろいものでした

ひとつかみしてお風呂へ投入
お湯につかっている間にじんわりじんわり汗が出て
独特の香りが湯気になって漂います 

今、あの感じを思い出しました
参拝しに行ったお寺で、たくさん焚かれたお香の前に立ち
ご利益を願う体のパーツにけむりをあてる感じ
頭が良くなりたいです、目の疲れを取りたいです
足腰が丈夫でありたいです、そんな風に湧き上がる思いや 
疲れたからだをほぐす、入らなくなったものを出す

そんなことをしている気分になります(わたし調べより)


f0060998_06184201.jpg



More
by letter-from-youco | 2018-03-19 06:21 | beauty
手もとを整える:NAILSINC
表参道のNAILSINCでクイックネイル

ジェルが苦手な私にとって
よりどりみどりなネイルからサクッと30分で
手もとを整えてくれるサービスはとても気分に馴染みます
仕上げに保湿のオイルも塗ってもらえるんなんてステキ
ロンドン発のネイルはカラバリも発色もすばらしく
ラメのデザインも可愛くて、爪に乗せるとさらに魅力的
1700円で楽しめるって最高だと思います
(1色追加するごとに+500円だったかな)

はじめてふらり訪れたら30分後に空きがあると聞いたので
その間に色を決めたり、外を散歩したり、通りにあるスタバの
桜ラテの試飲に遭遇して美味しくホッとしたり
なんだか心は春の色に

3月から値上がりしてしまうみたいなので
それまでにもう一度行けたらいいな



f0060998_20393072.jpg
おまけ
KUSMI TEAは期間限定で渋谷ヒカリエに出店中
ヨーロッパ発祥かと思ったらロシアなんだそう
クスミチョフさんが作ったからクスミティというんですって
ノンカフェインで、ハイビスカスをベースにした
アクアローザという赤いパッケージのお茶を購入



by letter-from-youco | 2018-02-16 20:32 | beauty
W&FWの靴下

靴下が大好きです

W&FWの靴下はかれこれ7年くらい愛用しているのですが、
この靴下の履き心地と可愛さを知るともう浮気できません 笑

朝、無理矢理にも眠い目をこすって通勤へ身支度を整えるとき
この靴下を履くと、一瞬でピリついた気持ちがおだやかになります
ふかふかして、温かくて、やさしくて、心地よくて、おしゃれ
なんと欲張りでこころづよいことかー

身につけるものを購入するときのものさしは
「テンションが上がるかどうか」なわたしにとって
W&FWの靴下は、履き心地に加えておしゃれな要素が
たくさん散りばめられているで、からだへの配慮とおしゃれ心
両方を満たせるところが素晴らしいなと思っています

第一線で活躍されているスタイリストさんが
ディレクターをなさっていることもぐっときます

f0060998_12331229.jpg
この靴下の存在を教えてくれたのは
三軒茶屋にあるklalaの店主、緑さん

klalaは訪れるたびに目移りが止まらない
食器、オブジェ、生活雑貨のセレクトショップ
みんななんだかうれしそうに棚に並んでいて
とても居心地のいいお店で、見渡すだけで幸せになります 

(ちなみに、おしゃべりの中で教えてもらったので
靴下がお店にあるわけではありません)


by letter-from-youco | 2018-01-18 21:13 | beauty



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30