de Mamiel : Altitude Oli
まばたきをしている間に
わーっと月日が経ってしまった6月

ビュンビュン過ぎる日々にも
地に足をしっかりつけて歩いていられるからだに
まずはありがとう 

慌ただしくて呼吸が浅いとき
集中力がエンプティーになりかけたとき
雑踏や満員電車でざわざわした気持ちを鎮めたいときetc...
デ・マミエールの「アルティチュードオイル」は
わたしにとって頼もしいサポーター

昨年の暮れに会ったエディターの友人Aさん
常に持ち歩いていると教えてくれたあのアイテム
ついに、わたしもこのオイルのすばらしさを知るの巻
知ってしまうともう、手放せない感がじわじわ 笑

集中して何かに取り組みたいときこめかみに(なんならつむじにも
湯上りに手首に垂らしてこすり合わせると体温を伴っていい香りが漂う幸福感
湯船にバスソルトと合わせて1滴
キャップを開けて鼻を近づけ香りを吸い込み大きく深呼吸などなど
どれをとってもリセット感がすごいー
f0060998_19202088.jpg
 
初めて使った日の夜
悲しくないのに涙が出てきて、わーと泣いてる自分に出会う
奥の方にため込んでいた何かに届いたのかな
それ以来、深いところに届く何かがある気がして、ならない  



[PR]
# by letter-from-youco | 2018-06-23 18:58 | beauty
うれし・たのしかったこと

ひさしぶりに台所で料理をしながら
この1ヶ月で、うれし・たのしかったことを
まとめてみようと思いたったので書いてみる 

① 富山でます寿司を食べてから酢めしが食べたくて
  朝、コンビニでます寿司にぎりを見つけて買ったら
  まさかの「酢めしシリーズ」が値引き対象に
  クーポンが必要なはずのに、そこでさらっと値引きしてくれた
  店員さんに接客のこころえを学ぶ   

② 椎名林檎にはまり、熱狂した高校生の自分がリバイバル
  幸福論などをエンドレスに聴き続けてだいぶ経ったころ、
  秋に20周年ライブが予定されていることを知る 
  とても行きたい  

③ 1月にバラのワークショップで出会った世界の花屋のバイヤーさんが
  NHKの番組「世界は欲しいモノにあふれてる」に出演されていた  
  バラの花を求めてケニアに行っているシーンに、アフリカで働く
  人たちの笑顔とソジャンミ農園が映ってうれしくなる
  ソジャンミ農園のバラは最高 ケニアに行きたい欲がふたたび

④ mashiroのセラピストいわきさんから
  わたしのブログを見て訪れたお客さまがいらっしゃったと伺う
  いわきさんと、このブログを読んでくださってる方がいることに
  味わったことのない感謝の気持ちが湧く どうもありがとうございます

⑤ 勉強をはじめました
  ともにゴールを目指す戦士たちは、わたしが日々愛用している
  数々のモノに関わっている人たち=日本のものづくりになくてはならない人たち
  カテゴリーは違っても、同士がたくさんいることにうれしさがこみ上げた 
  合格するその日まで、楽しさと体力をキープしたい

⑥ 新しいスイーツを開発するための意見交換会に誘われて行ってみる
  夏色のケーキやよもぎ大福が席に添えられた至福のひととき
  帰りに京都の和菓子をおみやげに頂くというありがたすぎる会
  バイヤーと呼ばれる方たちともお話しできてたのしかった
  どんなスイーツが秋に並ぶのか楽しみ
f0060998_18512403.jpg



[PR]
# by letter-from-youco | 2018-06-10 18:41 | dailies
北陸へ

”かがやき”に乗って北陸・富山へ

トンネルを抜けて長野の山々をぼんやり見渡したあと
窓の外は穏やかな日本海になり、まもなく富山に着いた

富山駅の改札を抜けるとオーバーザカウンターで
ます寿司を買うことができる それはおにぎり感覚
そして、おにぎりはおぼろ昆布で握られていた
かまぼこにも昆布が巻いてあった こんぶ飴もある
昆布カルチャーがいっぱいだ 

街から街へ移動する車の窓から山をいっぱい見る
立山連峰のてっぺんはいまだ真っ白だ
あぁ もし今趣味はなんですかと聞かれたら
森林浴ですと答えるのにと思う 苦手なこの質問に即答で 笑
富山という名だけあって街は豊かな山々に囲まれている
大自然にふれることは何よりのごほうび
スーツで来ていることをうっかり忘れそうになる

帰りにます寿司ロードなる場所へ連れて行ってもらう
道の左右にます寿司屋さんが軒を連ねていた
お店によって切り身がドライなもの、モイスチャーなもの
分厚いものと種類がいろいろあるらしく、人によって好みがあるので
お店をお薦めするのはむずかしいんですとは地元民より
 
”手から手へ、色を重ね、おいしさを重ねて作られる
「せきの屋」のますのすし”

とてもいいコピーで袋がいまだ捨てられない 笑
せきの屋さんのます寿司、とてもおいしかったです

f0060998_15482235.jpg
訪れた数日後、都内で買った富山のお水
すっかり富山にはまる人 やわらかくて飲みやすかった 

富山は海と山、両方から美味しいお水が採れるんですと
駅の売店のおねえさんが教えてくれたっけ
あの時買った海洋深層水のペットボトルのお水は
疲労がとれる作用があるとも聞いた 
10種類くらいあるお水から種類が選べて楽しかったな

あゝ、そうか
わたしは美味しいお水のあるところが好きなのかもしれない


[PR]
# by letter-from-youco | 2018-06-03 15:32 | dailies
180519

今日は高校で出会った友人の誕生日だ
早朝パン屋さんへ行った帰り道、思い出してメッセージを送る
メッセージを打ち込んでいると風が吹いてきて、
高校1年の春に吹いていた風もこんなだったかなと思った
あれからずいぶん遠く離れたところにいる「今」が
おかげで色濃くなった

イギリスでは王室の結婚式だと知る
BBC(だと思った)が取材したヘンリー王子と
メーガンマークルさんのインタビュー映像を偶然みる 
結婚して女優を辞め、母国を去って公務につくことに
不安はないですか、という問いかけに対して
「これは諦めではなく変化です」と答えた彼女が印象的だった
「新しいことに挑戦できる、これまでの経験が活かせる時が来た」
とも話されていて、どんな試練も乗り越えて「今」に焦点を当てている
その瞳にくぎづけになってしまった 
「良い世界に変化させたいという思いがお互いに一致していたんです」
とふたりで顔を見合わせて話している姿がとてもぴかぴかしていた
単純なわたしはメーガンさんのファンになった 笑

夕方、大学の友人から「今晩ディナーでもどう?」とメッセージが入る
彼女と歩く道はいつも信号が青なのでなんの障害もなく19時に会う
つかのまだったけどおしゃべりするといつも心が軽くなる
前のめりすぎた気もする もっと50:50で話すべきだったかもしれないと
毎度反省するほど彼女は聞き上手
”玄関に飾って”とピンク色の芍薬をもらう まだつぼみの
うれしくて帰りの電車を待つホームで写真を撮る
その足で向かった無印の店員さんに
「芍薬、きれいですね、わたしも好きです」とレジで話しかけられる 
とてもいい気分でふかふかと帰宅して、英国の結婚式の中継を見る

 
f0060998_20102906.jpg

朝からが晩まで愛がめぐった1日だった

こんな日に芽生えた感情やぴんときた何かを
忘れずに覚えていたいなと思う



[PR]
# by letter-from-youco | 2018-05-19 23:01 | dailies
接点をみつける

「フィラデルフィアから友人が日本に来てるんですけど会いますか?」

仕事先の方がわたしに声をかけてくれたのは
偶然にも新月の日だった 約束をするにはとても良き日だ

”英語が話せる機会を作りたい。
誰か外国人のおともだちがいたら紹介してください。”

スリランカで外国人とのコミュニケーションに目覚めた私が
いつだったかまわりの人に公言していたことを
Fさんは覚えていてくださった ありがたくて背中に羽が生えた

「会います!」と約束した1週間後
3人でジュージューと音を鳴らして焼肉を食べた
Mr.Nさんは日本語が話せないというから一瞬ためらったけれど
とてもいい宴になった

「youcoの両親は日本人で、日本に住んでるの?」

日本人の両親の元に生まれ日本で暮らす日本人のわたしは
彼のこの質問がとても新鮮すぎた この境遇に何の意識も持たずに
これまで生きて来たことに気づかされることになった
「ロシアとブラジルに縁があり、アメリカで育った」という彼は
アメリカで生きる多様性みたいなものを目の前で教えてくれた

江戸時代に興味があるという彼が話してくれたことの中で
興味深かったのは「うきよ」のこと

「浮世」とは「変わりやすい世の中」という意味もあるけれど、
その昔「憂き世」として一種の苦行を表していたんですよ、という話
外国人の彼から江戸時代の頃の日本について教えてもらいながら
焼肉を食べていることは、時が巡り巡っていて何だか面白かった 
正直なところ英語への理解がおいつかなくて、
「たぶんそう言っているのだろう、うむうむ」
と思ってた部分が多いのだけれど 笑

「小説は書いてないけど、手紙を書くのは好きだよ」
日本文学に関心があるという彼の質問に答えたら、彼はこう言った
「日本で漢字をひらがなにして書きやすい言語にしたのは女性だよね」

そうか、そんな風に日本語を捉えたことがなかった
目から鱗だった あらゆる視点がとても新鮮だった
f0060998_21075245.jpg

人にぶつかったとき、”ちょっと待って”という代わりなど、
「スミマセン」という日本語は便利で使いやすいらしい
日本人の当たり前が彼にとってとても新鮮なんだろうなと思った

国を越えて会話をすることは、やっぱりとても楽しいことだった



[PR]
# by letter-from-youco | 2018-05-18 23:08 | dailies



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30