アーユルヴェーダとのこと

明けましておめでとうございます

年末、2度目のスリランカへ行きました
目的はアーユルヴェーダ また行きたくなる衝動
これは自分のライフワークだと思えてきました

今回滞在したリゾートでは本格的に療法を受けました
ハーブ薬の服用、3日間のシロダーラ(その間は洗髪不可)
瞑想、ヨガ、食事、ノンカフェイン 白湯か水をがぶがぶ飲むなど
そこにはアーユルヴェーダな時間を過ごすことが当たり前のようにありました
多国籍の人たちとトリートメント前の待合室で一緒になったり、
how are you? と声を掛け合える関係が普通にあって、
気がつけば日に日に心とからだは軽くなり、目は奥までキラキラし、
思考は開けるばかり、肌はツルツルになり、深く自由を感じ、
心とからだは繋がっているということをあたらしい価値観で
悟るような日々でした

帰国してから、いろいろなことに気がつくようになりました
例えば、今までどれだけいろいろなことを余計に考えて
頭を使いすぎていたか 考えようとすると思考がストップし、
停止することを自然と身につけていました
心配するより「この先こうあって欲しい、大丈夫」という確信が
持てるようになり、本当に現実が整うようなことが何度もありました
深く、自分を信じる、自信ていうのはこういうことかなとも
もともと人と話をするのは好きな方ですが、心がフラットになったことで
ますますコミュニケーションが楽しめるようになりました 
今は「はじめまして」と言葉を交わした後の会話も、気づけば自分の点と
相手の点が線になって繋がることが頻発して面白く、楽しくて仕方ありません

わたしにとってアーユルヴェーダは、
自分の中身をフルで入れ替えて本当の「ニューミー」になることです

そして、スリランカが好き
もっと国籍や性別、年齢を超えて、たくさんの人とお話ししたい
そう思えるかけがえのない旅になりました

今年は自分の可能性を想像以上に信じて
大きな翼を広げながら空を自由に飛んでみたいと思います

f0060998_20120652.jpg


# by letter-from-youco | 2019-01-06 20:13 | Sri Lanka
ある晴れた冬の日に

空気も澄んで、陽もあたたかい

木星が射手座に入った?ころから
ほぼ毎日いたるところで外国人とすれ違うようになり
あまりにも頻発しすぎてほぼ毎日笑っている
みのまわりが自然と一気に射手座モード

双子座の満月を迎える前後に
わたしはこれまでの人生では到底考えられないような
舞台に立つことになった 
ずいぶん前から決まっていたことだけど
毎日隙あらばそのことばかり考えていて
小さな弱虫と、肥大なる妄想と、でもきっと楽しいはず
といういろんな気持ちを溶かしてはかき混ぜて
気がつけば通り過ぎたことのない場所を猛スピードで
駆け抜けた後、舞台の幕はすんなり降りていた
降りた後は見たことのない場所にいて、
仲間たちが笑っていて、しっかりとつながって、
1ミリも想像し得なかった良き結び目ができていた
双子座はコミュニケーションや文章や情報の星というけれど
そこにはとてもわかりやすいそんな時間があった

気持ちがキリキリした夜には、ilaのバスソルトを溶かして湯船に浸かった
それはもうほぼ毎日だったんだけど
汗とともにいろんな気持ちも流れていった
このバスソルトは乳白色のガラス瓶に入っていて
ふたを開けるとこの立派な木さじがざくっと塩に刺さって埋れている
そのさじにはソルトのバラの香りが染み込んで
使うたびにとてもいい香りに包まれてうっとりする
もう調味料並みにわが家になくてはならないアイテム

今年はずいぶん自分を大切にする日々だったなと思う
前を向きたかったら甘やかして、からだの声に耳を傾けた
ご褒美、という名の代償はだいぶ多めだった
でもそれでいいと思っている
わたしを生きるのはわたししかいないから
 
あとひとつき、平成最後の12月、思う存分わがままに生きたい

f0060998_13500252.jpg
これは空っぽなんだけど、さじの半分くらいの量を
ほぼ毎日使用して、出張先にも持参しまくって、3ヶ月弱もちましたー


# by letter-from-youco | 2018-11-25 13:24 | dailies
パッケージのこと①:台湾の食品
ひさしぶりの更新+思いつきの新コーナー
その名も「パッケージのこと」

今回は台湾のパッケージについて

”マレーシアがプラスチックゴミの輸入を今後3年間停止する”
とロイターが報道していましたが、海に流出するマイクロプラスチックが
問題視されていたり、某コーヒーチェーンがストローを廃止する
と宣言したり、世界では環境への配慮がヒートしています

先日おみやげでもらった台湾のパイナップルケーキを
食べようとして、金ピカの箱にでかでかと表示されていたのは
「カーボンフットプリント」 何のことかというと、足跡のマークです
”製品を作るときに排出される二酸化炭素などの量を
企業が把握して、食べる人たちにも目に見えるようにしたもの”
つまり、温室効果ガスの排出量です(「炭素の足跡」とはウィキペディアより)

日本の食品で、ここまで大きくわかりやすく表示しているものを
わたしは見たことがなかったので、台湾における環境への配慮や
企業のポリシーの表れがこんな風に示されていることに
ちょっと感心してしまったわけで

f0060998_10460590.jpg
もちろん、味はお墨付き

環境への配慮が示されていると、
商品だけじゃなく、作り手にも信頼感が芽生えてきます



# by letter-from-youco | 2018-10-29 10:55 | dailies
dearest

本屋さんの女性誌コーナーは
あむろちゃんの表紙でいっぱいだった2ヶ月

7月、わたしはシュプールの表紙に射抜かれた
あああ これはすんごいかわいい 握りしめる
ゴールドの文字とモノクロの写真
作り手の愛を感じた
年末年始の特大号より豪華な色をした特別号
たくさんの色を使わなくても、存在そのものが際立つのは
「シンプル」なんだ、とも思った 

引退発表があった後3枚組のアルバム「Finally」を借りた

暑い夏の記憶が蘇る「You're my sunshine」
今聞いてもうつくしくてラブリーな「SWEET 19 BLUES」
振りをつけて踊った1度きりの「NEVER END」
かろやかに1歩ふみだす元気を与えてくれる「Baby Don't Cry」

夢みたいに
今をハッピーに照らしだしてくれる人



f0060998_11562296.jpg
ありがとう あむろちゃん

今日はずっと、たくさん曲を聴こう


# by letter-from-youco | 2018-09-16 11:57 | music
JOY

今日は9月11日
なんだかんだ忘れられない日

20歳という若さいっぱいのエネルギーで
ニューヨークに一人で旅をしたのは
9月11日にグランドゼロに行って黙祷したかったから
その想いを叶えられたことが、その後の大きな自信になった

あれからめぐりめぐった2018年の今日
百貨店のコスメカウンターで
たいそううつくしい美容部員さんに会う 
口紅を試しながらいろいろお話をしていたら
いつもは仙台にいて今日はたまたまイベントの
お手伝いに来ていると伺う
(このタイミングで会えたのは)「奇跡ですよ」と彼女が言う
この境遇で交わしたおしゃべりがとても心地よかった
チェコと日本のハーフでいて東北弁が話せるという
そのギャップはとてもいいなと思う
4つの新色が重なった彫りの深い彼女の目元は
それはそれはうつくしくて、ずーっと見ていたかった

「JOY」は19年ぶりにリリースされた新作のフレグランス
その香りを少しいただいて、いつもの満員電車に乗って
いつもの通りに帰ってみると、車中ふしぎとこころがはずんで
降りるまでずっとJOYのヴェールに包まれたハッピーな気分だった
「どうぞ」と声を出して席を譲っているわたしにも出会った

「あなたは人生をそのまま楽しいものにして」
そう伝えられたメッセージのようだった

ありがとう「JOY」 わたしは今、とてもいいかおり


f0060998_21271898.jpg



 



# by letter-from-youco | 2018-09-11 21:23



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31