TAK !

髪を切り、軽くなった頭で街を歩きながら
ひさしぶりにアンデルセンでパンを買おうと思い立ち
ショーウィンドウの前に来てはっとする

表参道の246交差点前のアンデルセンは
7月31日で閉店するんだそう

閉店、するんだそう

表参道駅のバリアフリーに伴う整備に賛同したとのこと
1970年からの営業に一旦幕を下ろすんだそう

47年間この場所でパンを焼き続けてこれたことに
 TAK! (ありがとう)だったんだ

変わらないものはないってことを感じずにはいられない

あともう一回行っておきたい

f0060998_09555656.jpg

[PR]
# by letter-from-youco | 2017-07-21 21:45 | dailies
焼き鳥ランチ
店の前にいつも人が並んでいるので
なかなか入れずじまいだった焼き鳥屋さんに
ついに炎天下の中少しだけ並んでみた
一人より二人だと心づよい

相席でもよろしいですか?

炭火のいい匂いがする狭くて情緒ある店内で
見知らぬ人と向かい合うランチタイムは
きどってなくて結構よかった

帰りに金魚の絵が入った和紙のうちわをもらった

数日後、そのお店の前を通ったら
紺地に黄色い蛍の絵が入ったうちわを持った
サラリーマンがふらっと出て来た

なんだか心をつかむ商いの仕方

f0060998_10162572.jpg

[PR]
# by letter-from-youco | 2017-07-13 21:03 | food
15th !
畠山美由紀の
一夜限りのデビュー15周年記念ライブへ

大好きな大好きな曲が聴けて、感情の失禁が止まらなかった
「罌粟」「真夏の湿原」、そして「Diving into your mind」 
15年分の曲の中から大切なこの名曲たちを歌ってくれたことが
たまらなくて、ただただ恍惚とした

冨田恵一、鈴木正人、おおはた雄一、アンサリー、高野寛、土岐麻子、
堀込泰行、村上ゆき etc、このバンドメンバーとゲストがいること
司会進行が秀島史香であること
20代を共に過ごした声や音がたくさん詰まった夜だった

20代前半にオーチャードホールで美由紀さんのソロライブを聴いて
30代前半にまた同じ場所で熟成された音色を聴いていたら、
ステージで歌うことを仕事にする彼女と、OLとして働いている私は、
職業は違えど、同じ一人の女なのだと思えたりした
一生懸命ステージや客席の空気を読んでひとときを楽しませることは、
淡々と役割を担い色々な人と共に働くことと一緒なのかもな と思えた
決して遠い世界の人ではない気がして、どこかちょっぴりほっとした


濃いい、いい夜だった



[PR]
# by letter-from-youco | 2017-05-01 08:21 | music
街は桃色

ひらひらと花びらが風に舞っている

スーツ姿や制服を纏う人であふれるビジネス街が
桜のおかげでやわらかな雰囲気につつまれる 
両手を掲げて桜の木にケータイをかざす人たちが
束の間の春を楽しんでいる

春は新しいことをはじめたくなる
新しい服も欲しくなる 髪も切りたくなる
(とりあえず全部やってみた)

いい季節だ



f0060998_10002685.jpg


[PR]
# by letter-from-youco | 2017-04-09 10:00 | dailies
春の所感

冬物からそろそろ春物へシフトチェンジ

クリーニングに出す前に
カシミアの赤いカーディガンにこしらえた
いくつもの毛玉を切っていた

それと同時に、捨てようとして解体した紙箱の中から
もみの葉のかけらが落ちてきて、白い布の上で絵になった
絵だと思ったのは自分の感覚だけど、こういう瞬間は
なんだかうれしい

最近そうかもと思うのは
現実は自分が思い描いたように目の前に広がる ということ 

乾燥に負けて、処方されたドライアイの目薬をさしながら
コンタクトより眼鏡の方が視界が狭くていいなぁ
こうじゃなきゃいけないをやめたらけっこう楽かもなぁ

なんて感じたりしている

f0060998_13234908.jpg




[PR]
# by letter-from-youco | 2017-03-05 13:24 | dailies



ひびを てくてく かく
by letter-from-youco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31